外来診療
OUTPATIENT

  1. HOME
  2. 診療案内
  3. 足・ひざ

足・ひざ

足の外科とは、整形外科の中でも、ひざから下の足首や足の骨・関節・腱・靭帯のさまざまな問題(変形や痛み、ケガなど)を、保存療法(リハビリ、装具、薬物療法など)や手術療法で治療する分野です。

当院の院長・副院長はそれぞれ整形外科領域の中でも、足・ひざを専門としております。
気になる痛み、症状がありましたらどうぞご相談ください。

診断にはエコー、レントゲン検査、CT検査、MRI検査などの画像診断を積極的に取り入れております。

対象となる症状・病気

ケガ

  • 足首、足、ひざの骨折
  • 足関節捻挫や前十字靭帯損傷などの靭帯損傷
  • アキレス腱断裂などの腱損傷
  • ひざの半月板損傷

痛み・違和感

足首

例:変形性足関節症、離断性骨軟骨炎、三角骨障害、腓骨筋腱脱臼、外脛骨障害、足底腱膜炎、靭帯損傷、アキレス腱断裂

足の甲や足の裏

例:リスフラン関節損傷、足舟状骨骨折(足舟状骨疲労骨折)、二分靭帯損傷、足底腱膜炎、扁平足、足根管症候群、変形性関節症

足の指

例:外反母趾、モートン病、痛風など

ひざ

例:膝蓋靭帯炎、腸脛靭帯炎(ランナー膝)、オスグッド・シュラッター病、変形性膝関節症、半月板損傷、靭帯損傷、骨折

スネ

例:脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)

治療方法

リハビリテーションや装具療法(靴やインソール、サポーターなど)などの保存療法と、手術による治療、どちらも大切です。
患者さん一人ひとりの生活スタイルや職業、今後の希望に合わせて、さまざまな治療の組み合わせを提案し、丁寧な治療を心がけています。

保存療法

まずは、お薬やリハビリテーション、装具を使った治療を行います。
特にリハビリテーションは、理学療法士が一人ひとりの身体の状態やクセを見ながら、理学療法・物理療法を組み合わせて治療を行います。

手術療法

関節鏡を使った低侵襲な手術を中心に行っています。身体への負担が少ない手術のため、早期退院、早期社会復帰、スポーツへの早期復帰や術後の痛みの緩和が期待できます。
靭帯損傷や骨折などの外傷やスポーツ障害に対する手術をはじめ、さまざまな手術を行っております。

例:
関節鏡手術、人工足関節置換術、関節固定術、靭帯再建術、骨折手術、外反母趾矯正術、扁平足手術、アキレス腱手術など

スポーツについて

病院を受診しても「安静にしましょう」とスポーツ活動を中止させられるだけだ、と病院受診を諦めている方もいらっしゃいます。確かに安静は最良の薬ですが、それを選択できないからこそ、痛みを我慢し、悩んでおられるのだと思います。

当院ではプロアスリートからスポーツを楽しむ方まで、多くの方の足の痛みをサポートしたいと考えています。早期であれば、手術をせず保存治療で改善することも多くあります。
痛みや違和感は身体からのサインではありますが、その痛みとうまく付き合う方法、最高のパフォーマンスを目指すために必要な治療など、一緒に考えていきたいと思いますので、どうぞお気軽に、お早めにご相談ください。